投稿者「kbayashi10」のアーカイブ

【明治】鎌田景弼顕彰碑

鎌田景弼(1842〜1888)は幕末の細川藩士で、明治政府に出仕し、各地で裁判官などを勤めた後、明治16年(1883年)に佐賀県の初代県知事(県令)となった。妹のマシ子が熊本敬神党の小林恒太郎に嫁いでいるため、当サイト「 … 続きを読む

カテゴリー: 明治 | タグ: , , | 【明治】鎌田景弼顕彰碑 はコメントを受け付けていません。

【明治】西南の役で神風連残党に言及

西南の役で西郷軍に参加した熊本隊を率いた池辺吉十郎の口供書(供述書)が「西南役と熊本(熊本県史料集成第13巻)」(国書刊行会発行)に掲載されている。 翌廿四日、自分西郷ニ面会セシニ、同人語テ曰ク、今夜神風連ガ抜刀城中ニ斬 … 続きを読む

カテゴリー: 史料, 明治 | タグ: , , | 【明治】西南の役で神風連残党に言及 はコメントを受け付けていません。

【明治】豊饒の海「奔馬」に登場

三島由紀夫の最後の長編作品「豊饒の海」は、第二巻「奔馬」で神風連をとり上げた。主人公の飯沼勲の愛読書として作中に登場する架空の書である「神風連史話」には、小林恒太郎の事跡についても触れている。 熊本鎮台に討ち入り後、小林 … 続きを読む

カテゴリー: 明治 | タグ: , , | 【明治】豊饒の海「奔馬」に登場 はコメントを受け付けていません。

【史料】気高郡史考(山名氏豊と四宮源蔵)

永田肥前福井與七郎 永田、福井ハ気多郡八葉寺村の郷者ナリ。天正八年八月十四日伯耆倉吉城主山名小三郎氏豊、南條元続、小鴨元清ト河村郡地方村ニ於テ、吉川元春ノ軍ト戦ヒ、大敗シ囲ヲ脱シテ気多郡ニ遁来リ田原谷村ノ百姓平助ノ家ニ投 … 続きを読む

カテゴリー: 史料, 戦国 | タグ: , , , | 【史料】気高郡史考(山名氏豊と四宮源蔵) はコメントを受け付けていません。

【史料】羽衣石南條記(山名氏豊と小林源蔵)

倉吉城主山名小三郎氏豊正統の事 附り山名満幸因州落の事 夫れ花に開落あり、月に盈虧あり、盛なるもの必ず衰へ、歓楽極て哀情多きは人生の常也。ここに伯州倉吉の屋形山名小三郎氏豊は山名氏の正統にして、其祖山名伊豆守時氏因伯両州 … 続きを読む

カテゴリー: 史料, 戦国 | タグ: , , , , , , , , | 【史料】羽衣石南條記(山名氏豊と小林源蔵) はコメントを受け付けていません。

【史料】吾妻鏡 元暦二年乙巳

吾妻鏡 元暦二年乙巳 正月大 一日乙酉 卯剋武衛御水干御参鶴岡宮被奉神馬二足 山上太郎高光、小林次郎重弘等引之 ※「藤岡市史資料編別巻」には以下の注がある。(25ページ) 元暦二年(一一八五) 小林次郎重弘。 高山氏系譜 … 続きを読む

カテゴリー: 史料, 平安 | タグ: , | 【史料】吾妻鏡 元暦二年乙巳 はコメントを受け付けていません。

【年表】1185年小林重弘、神馬を引く

1185年(元暦二年)正月一日 頼朝の鶴ケ丘八幡参詣に、小林重弘、神馬を引く 「吾妻鏡」、「藤岡市史資料編別巻」(藤岡地方の中世年表)

カテゴリー: 平安, 年表 | タグ: | 【年表】1185年小林重弘、神馬を引く はコメントを受け付けていません。

【史料】伯耆の小林寺

 小林党の一部は山名時氏に従い、上野国を出て西遷している。江戸時代に編まれた地誌「伯耆民談記」には、明徳の乱で討ち死にした小林修理亮のために妻が建立した「小林寺」が伯耆国久米郡にあったことが記されている。  「伯耆民談記 … 続きを読む

カテゴリー: 史料, 室町 | タグ: , , , | 【史料】伯耆の小林寺 はコメントを受け付けていません。

【室町】内野合戦における幕府軍と山名軍の展開

 明徳の乱(1391年)は、山名氏清、満幸ら山名氏が起こし、足利義満の室町幕府に挑んだ。京都の大内裏である内野で戦われたことから「内野合戦」とも呼ばれる。中世武士選書14「大内義弘」(松岡久人、戎光出版社)には、山名軍の … 続きを読む

カテゴリー: 室町 | タグ: , , , , , , | 【室町】内野合戦における幕府軍と山名軍の展開 はコメントを受け付けていません。

【室町】【戦国】【明治】カタナにまつわる3つの戦い

 小林党の歴史の中には、カタナにまつわる物語がいくつか見つかる。山名氏清が足利義満に叛いた「明徳の乱」(1391年)、関ヶ原の戦いの折り、西軍一万五千余の攻囲を受けた細川幽斎の「田辺籠城戦」(1600年)、刀と槍で熊本鎮 … 続きを読む

カテゴリー: 室町, 戦国, 明治, 雑感 | タグ: , , , , , , , , | 【室町】【戦国】【明治】カタナにまつわる3つの戦い はコメントを受け付けていません。