【室町】内野合戦における幕府軍と山名軍の展開

 明徳の乱(1391年)は、山名氏清、満幸ら山名氏が起こし、足利義満の室町幕府に挑んだ。京都の大内裏である内野で戦われたことから「内野合戦」とも呼ばれる。中世武士選書14「大内義弘」(松岡久人、戎光出版社)には、山名軍の進撃路と幕府軍の配置が記載されている。

明徳の乱における山名軍の進撃路(中世武士選書「大内義弘」100ページ)

明徳の乱における山名軍の進撃路(中世武士選書「大内義弘」100ページ)

幕府軍の内野周辺における諸勢の展開(中世武士選書「大内義弘」99ページ)

幕府軍の内野周辺における諸勢の展開(中世武士選書「大内義弘」99ページ)

 大内義弘が待ち構える陣に、山名義数、小林上野介の一隊が突撃。小林上野介は大内義弘に討ち取られてしまう。

※「明徳の乱」(岩波文庫)の記述をもとに作成した地図はこちら

 


【広告】※amazon検索

アマゾンのサーバでエラーが起こっているかもしれません。
一度ページを再読み込みしてみてください。

Similar Posts:

カテゴリー: 室町 タグ: , , , , , , パーマリンク