田辺城籠城」タグアーカイブ

【室町】【戦国】【明治】カタナにまつわる3つの戦い

 小林党の歴史の中には、カタナにまつわる物語がいくつか見つかる。山名氏清が足利義満に叛いた「明徳の乱」(1391年)、関ヶ原の戦いの折り、西軍一万五千余の攻囲を受けた細川幽斎の「田辺籠城戦」(1600年)、刀と槍で熊本鎮 … 続きを読む

カテゴリー: 室町, 戦国, 明治, 雑感 | タグ: , , , , , , , , | 【室町】【戦国】【明治】カタナにまつわる3つの戦い はコメントを受け付けていません。

【戦国】小説「関ヶ原連判状」に登場

 安部龍太郎氏の作品に時代小説「関ヶ原連判状」がある。丹後・田辺城に籠城した細川幽斎が、実は“天下三分の計”を描いていたというストーリーであるが、細川妙庵(幸隆)に仕えていた小林勘右衛門も、チラリと登場させていただいてい … 続きを読む

カテゴリー: 戦国 | タグ: , , , | 【戦国】小説「関ヶ原連判状」に登場 はコメントを受け付けていません。

【明治】旧功臣の子孫を召す

細川幽斎公没後三百年祭が行われた明治43年(1910年)10月の「九州日日新聞」には、祭典に関する記事が連日掲載された。熊本市黒髪(当時・黒髪村)の細川家御祠堂で執り行われた祭典は、この年の4月に開かれた市民挙げての「三 … 続きを読む

カテゴリー: 明治 | タグ: , , , , | 【明治】旧功臣の子孫を召す はコメントを受け付けていません。

【明治】細川幽斎公三百年祭

2010年は細川幽斎没後四百年にあたる。熊本市では幽斎公四百年祭が開かれ、戦国時代の文武を代表した武将の顕彰が行われる。100年前の明治43年(1910年)にも三百年祭が開かれていた。熊本で当時、発行されていた九州日日新 … 続きを読む

カテゴリー: 明治 | タグ: , , , | 【明治】細川幽斎公三百年祭 はコメントを受け付けていません。

【事典】細川幸隆

 細川幸隆(妙庵)は元亀2年(1571年)、細川藤孝(幽斎)の第四子として誕生。長男は忠興、二男は興元で、3人の母は、若狭熊川城主沼田上野介光兼の娘・麝香(じゃこう)である。

カテゴリー: 事典, 戦国, 江戸 | タグ: , , , , , , , , | コメントする

【事典】田辺城籠城

 慶長5年(1600年)、徳川家康は会津の上杉景勝を討つために、諸国の軍勢を催して会津に向かった。その間隙を衝くかたちで、石田三成が反徳川勢力を結集して挙兵。天下分け目の関が原の戦いに向けて戦機が熟していった。

カテゴリー: 事典, 戦国 | タグ: , , , , , , , | コメントする

【雑感】勘右衛門を幸隆に託したのはなぜ?

 小林丹波が、子の勘右衛門を愛宕山福寿院にいた細川幸隆に託したのは、戦国の世も終わりに近い、天正年間のことだ。幸隆は細川幽斎の三男。後に妙庵とも号した。やがて還俗することになるが、このときは出家の身である。では、丹波は、 … 続きを読む

カテゴリー: 江戸, 雑感 | タグ: , , , , , , | コメントする