大内義弘」タグアーカイブ

【室町】内野合戦における幕府軍と山名軍の展開

 明徳の乱(1391年)は、山名氏清、満幸ら山名氏が起こし、足利義満の室町幕府に挑んだ。京都の大内裏である内野で戦われたことから「内野合戦」とも呼ばれる。中世武士選書14「大内義弘」(松岡久人、戎光出版社)には、山名軍の … 続きを読む

カテゴリー: 室町 | タグ: , , , , , , | 【室町】内野合戦における幕府軍と山名軍の展開 はコメントを受け付けていません。

【室町】大内氏実録に登場する長刀「小林」

 明徳2年(1391年)の明徳の乱で、山名氏清の武将・小林上野守(介)は京都・内野で幕府側の先鋒を務めた大内義弘と一騎打ちの末、敗れる。この時、小林を討ち果たした大内義弘の長刀が「小林長刀」として、大内家が滅亡するまで家 … 続きを読む

カテゴリー: 室町 | タグ: , , , , , , , | コメントする

【室町】「鬼ここめ」と恐れられた小林上野介

 山名一族が足利義満に叛いた明徳の乱(1391年)で、小林上野介(守)義繁は、周防国守護の大内義弘と一騎打ちの末、討ち取られてしまう。その勇猛ぶりは「鬼ここめ」と畏怖されていたことが、乱を題材にした軍記物語「明徳記」に書 … 続きを読む

カテゴリー: 室町 | タグ: , , , , , , | コメントする

【事典】「騎兵と歩兵の中世史」

 吉川弘文館の歴史文化ライブラリーの一冊。著者は近藤好和氏。騎馬から徒歩へ、戦闘形態が移り変わっていく事例として、明徳の乱の大内義弘と小林義繁の一騎打ちを取り上げた。

カテゴリー: 事典, 室町, 戦国, 鎌倉 | タグ: , , | コメントする

【室町】上野介の憂鬱

 明徳の乱(1391年)の緒戦で討ち死にしてしまう小林上野介(上野守)は、幕府軍が陣取る内野に攻め込む前に、桂川で味方であるはずの丹波勢と戦っている。明徳の乱で起きる数多くの誤算の中で、最たるものだったと思う。「明徳記」 … 続きを読む

カテゴリー: 室町 | タグ: , , , , , | コメントする