明徳記」タグアーカイブ

【室町】「山名家没落の節」は明徳の乱?

 「先祖は小林民部丞と申す者、伯州山名家の分流にて、丹波国に在城仕り居り申し候。その後、山名家没落の節、一族、いずれも戦死仕り候由…」。肥後細川家に明治維新まで仕えた小林家の「先祖附」の一節である。山名家没落の節とはいつ … 続きを読む

カテゴリー: 室町 | タグ: , , , , , , , , , | コメントする

【室町】「鬼ここめ」と恐れられた小林上野介

 山名一族が足利義満に叛いた明徳の乱(1391年)で、小林上野介(守)義繁は、周防国守護の大内義弘と一騎打ちの末、討ち取られてしまう。その勇猛ぶりは「鬼ここめ」と畏怖されていたことが、乱を題材にした軍記物語「明徳記」に書 … 続きを読む

カテゴリー: 室町 | タグ: , , , , , , | コメントする

【室町】上野介の憂鬱

 明徳の乱(1391年)の緒戦で討ち死にしてしまう小林上野介(上野守)は、幕府軍が陣取る内野に攻め込む前に、桂川で味方であるはずの丹波勢と戦っている。明徳の乱で起きる数多くの誤算の中で、最たるものだったと思う。「明徳記」 … 続きを読む

カテゴリー: 室町 | タグ: , , , , , | コメントする

【事典】山名義理

 山名時氏の次男。修理大夫。美作、紀伊の守護を務めた。山名時氏が幕府に帰順した貞治3年(1364年)に山名一族で保持していた伯耆、丹波、丹後、因幡、美作のうち、義理には美作が与えられた。

カテゴリー: 事典, 室町 | タグ: , , , , | コメントする