小林マシ子」タグアーカイブ

【明治】鎌田景弼顕彰碑

鎌田景弼(1842〜1888)は幕末の細川藩士で、明治政府に出仕し、各地で裁判官などを勤めた後、明治16年(1883年)に佐賀県の初代県知事(県令)となった。妹のマシ子が熊本敬神党の小林恒太郎に嫁いでいるため、当サイト「 … 続きを読む

カテゴリー: 明治 | タグ: , , | 【明治】鎌田景弼顕彰碑 はコメントを受け付けていません。

【明治】豊饒の海「奔馬」に登場

三島由紀夫の最後の長編作品「豊饒の海」は、第二巻「奔馬」で神風連をとり上げた。主人公の飯沼勲の愛読書として作中に登場する架空の書である「神風連史話」には、小林恒太郎の事跡についても触れている。 熊本鎮台に討ち入り後、小林 … 続きを読む

カテゴリー: 明治 | タグ: , , | 【明治】豊饒の海「奔馬」に登場 はコメントを受け付けていません。

【明治】神風連の乱と小林マシ子㊦

小林恒太郎、鬼丸競、野口満雄の3人は、再挙の企てを断念し、恒太郎宅で割腹して果てた。明治9年10月28日のことである。役所に自決を届け出て、検視を終えた小林家では、再び、マシ子の行く末のことが話題にのぼった。

カテゴリー: 明治 | タグ: , , , , , , , , | コメントする

【明治】神風連の乱と小林マシ子㊥

小林恒太郎の結婚相手探しは難渋した。母親が縁談を持ってきても恒太郎は頑として応じなかったらしい。ツタ子はついに、「自分が女親なれば軽侮して、かく、わがままを言うことなるべし」と怒る。母の意に従って妻を迎えることになるが、 … 続きを読む

カテゴリー: 明治 | タグ: , , , , | コメントする

【明治】神風連の乱と小林マシ子㊤

 神風連の乱は、明治9年(1876年)10月24日に起きた。小林恒太郎の妻・マシ子はこの年の3月に19歳で嫁いできたばかり。わずか半年余りの結婚生活だった。

カテゴリー: 明治 | タグ: , , , , , , , , , | コメントする