【史料】陰徳記巻第十 武田刑部少輔頼晴久事

武田刑部少輔頼晴久事・大永6年(1526年)

 晴久我芸陽出張ノ透間ヲ伺、山名但馬守伯耆ヘ発向セハ、南条・行松等本領ヘ帰リ可入。其押ニトテ吉田筑後守・舎弟左京亮二千余騎差添テ、伯耆ニコソハ残シ置レケレ。

(マツノ書店発行「陰徳記」上・183頁)

Similar Posts:

カテゴリー: 史料, 戦国 パーマリンク