高山」タグアーカイブ

【江戸】高山彦九郎 終焉の地

 上野国の高山御厨から出た高山一族の一人、高山彦九郎(1747~1793)が自刃して果てた福岡県久留米市には、墓所と終焉の地に記念碑が建てられ、遺徳が今でもしのばれている。  彦九郎は「寛政の三奇人」の一人にも数えられる … 続きを読む

カテゴリー: 江戸 | タグ: | コメントする

【江戸】高山彦九郎が肥後で会った人たち

 江戸時代後期の尊王家・高山彦九郎は、小林党と同じく群馬・藤岡にあった高山御厨の高山氏が出自と伝えられている。全国の著名人士と交流して尊王思想を広め、幕末の志士の先駆をなした人物として知られるが、九州遊説中に幕吏の追われ … 続きを読む

カテゴリー: 江戸 | タグ: , | 【江戸】高山彦九郎が肥後で会った人たち はコメントを受け付けていません。

【史料】太平記巻第三十二 神南山合戦②

神南山合戦の事

カテゴリー: 史料, 室町 | タグ: , , | 【史料】太平記巻第三十二 神南山合戦② はコメントを受け付けていません。

【室町】はみ出さざるを得なかった者たち

 上野と武蔵の境を流れる神流川の北岸、上野国緑野郡に小林党の名字の地・小林がある。山名家の武将として「太平記」に登場する小林民部丞ら小林一族はこの地の出身だった。この地に残った一族も、同族である高山氏らとともに南北朝から … 続きを読む

カテゴリー: 室町 | タグ: , , , , , | コメントする