【事典】「太平記」

 「太平記」は、鎌倉幕府の滅亡から建武の新政とその崩壊、南北朝の分裂、二代将軍足利義詮の死と細川頼之の管領就任まで約半世紀を描いた軍記物である。

 全40巻。小林一族が仕えた山名家の活躍は南北朝のころ顕著となり、小林を名乗る武将もしばしば登場するようになる。

Similar Posts:

カテゴリー: 事典, 史料, 室町 パーマリンク