【事典】小林家文書

 山形の旧家に、上野国緑野郡大塚郷の地頭を出自とする小林氏の文書が伝わっている。南北朝から戦国時代にかけてのもので、文書の発給者は、新田義貞、足利尊氏、関東管領上杉氏(憲実、憲房、憲政)、足利義氏、村上義清、武田信玄・勝頼父子、滝川一益らの名前が残っている。

 「群馬県史研究」(群馬県史編さん委員会編)第29号に、山形市の市史資料担当者による詳しい報告書が掲載されている。

Similar Posts:

カテゴリー: 事典, 史料, 室町, 戦国 パーマリンク