【事典】内野

 平安京の北部中央に位置する「平安宮」を指して大内裏と呼ぶ。東西約1.2キロ、南北約1.4キロの範囲に宮殿と諸官衙が整然と建ち並んでいたが、たび重なる火災で、安貞元年(1227年)の焼亡後は皇居は再建されず、周囲の諸官庁の打ち捨てられるようになっていた。この荒廃した大内裏の跡地が内野である。

 大極殿の後は、現在の千本丸太町の西北にある児童公園に石碑が建っている。(参考:角川「日本地名大辞典」京都府)

Similar Posts:

カテゴリー: 事典, 室町 タグ: , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です