【事典】良文流平氏

 桓武平氏・高望王の子で、平将門の叔父である平良文(=村岡五郎良文)の孫にあたる将恒が武蔵国秩父郡(埼玉県秩父郡)に住み、秩父氏を称するようになった。

 その子孫は河川水系沿いに一族を発展させた。河越、畠山、小山田、豊島、江戸、高山、葛西、河崎、渋谷、稲毛などに分かれ、武蔵国を中心に勢力を広げている。

 惣領家は、武蔵国留守所惣検校職を世襲し、武蔵国衙に一定の軍事的地位を確立していた。

Similar Posts:

カテゴリー: 事典, 平安, 鎌倉 パーマリンク