神風連とその時代」タグアーカイブ

【雑感】江戸時代の心性

  明治9年、熊本で起きた神風連の乱に参加した小林恒太郎は、事敗れた後、自宅に戻って切腹。最期のときに、先立つ不孝をわびる恒太郎に、母・ツタ子は安心して死ぬように励ましたと伝えられている。軍国主義の美談に利用されそうな場 … 続きを読む

カテゴリー: 江戸, 雑感 | タグ: , , , | コメントする