佐賀県令」タグアーカイブ

【明治】神風連の乱と小林マシ子㊦

小林恒太郎、鬼丸競、野口満雄の3人は、再挙の企てを断念し、恒太郎宅で割腹して果てた。明治9年10月28日のことである。役所に自決を届け出て、検視を終えた小林家では、再び、マシ子の行く末のことが話題にのぼった。

カテゴリー: 明治 | タグ: , , , , , , , , | コメントする